セフレゲット sfget.jp

セフレゲット

[セフレゲットのサイト概要]

サイト確認:平成25年10月26日
*気になる項目は赤字で表記してあります。
セフレゲット

■サイト名:セフレゲット
■URL:http://sfget.jp/
■対応デバイス:PC・モバイル

料金体系

無料制サイト

特定商取引法に関する表記

■会社名:株式会社レインボー
■責任者名:金谷真一
■アドレス:記載なし
■TEL:0800-111-3813
■住所:東京都新宿区西新宿7-4-7 イマス浜田ビル5階
第二種電気通信事業者:記載なし
インターネット異性紹介事業:記載なし

株式会社レインボー

株式会社レインボー

2013年10月25日
 

利用規約

■第2条
本規約は弊社が提供するサービスに係る会員と弊社の一切の関係に適用します。弊社は、利用者の事前の了承を得ることなく本規約を変更でき、利用者はこれを異議なく了承するものとします。

■第7条
弊社は、利用者への事前通知、承諾なく当サイトのサービス、プログラム、運用規則、その他の諸条件等を変更(改廃)することができ、利用者はこれを了承するものとします。

■第8条
(2)弊社は、当サイトサービスにおいて提供する情報等の正確性、または特定の目的への適合性等について、一切責任を負わないものとします。

■第13条
当サイトにて公開している会員は提携スポンサーサイトに登録している方のみです。
【スポンサーサイト一覧】
 イツデモ☆ドコデモ(規約)
 胸キュン★メール(規約)
 Love-エリア(規約)
 モバスマ・Love-Line(規約)
 Your Style(規約)

[管理人のレビュー]

2008年ごろから運営している悪徳サイトとしては老舗的なサイトです。
普通に考えればこれほど長く運営しているということは優良サイト?ってなりますが、その様なことは無いようです。

ただ単に長く運営しているだけでなく、雑誌やエロ系のサイトなどへの露出も高く、検索ボリュームは月間で1000件、1日当たり30人もの人が検索するような出会い系でもトップクラスの検索ボリュームです。

登録は6つのタイプから選んで登録するタイプで、完全に男性目線での登録です。

どれかタイプを選んでクリックするのいですが、どのタイプを選ぼうが結果は同じです。

項目を入力して最後に「セフレリスト発行」をクリックすると登録されます。
そして届いたメールがこちら。

どうやら「イツデモ☆ドコデモ」に登録されたようです。
試しにURLをクリックしてアクセスしてみると。

セフレリストってことで「イツデモ☆ドコデモ」の画像検索の結果画面に飛ばされました(笑
利用規約には「当サイト公開・利用中の会員は提携スポンサーサイトに登録されている会員」となっており、その提携サイトとは

イツデモ☆ドコデモ
胸キュン★メール
Love-エリア
モバスマ
これらの4サイトへこれから次々に登録されていくと思われます。

どう見ても男性ターゲットのサイトであり、このサイト名で女性が登録することは99.9%ないと思われます。
実際に女性は登録できないのかと思っていたら申し訳程度に登録のリンクがありました。

また、女性は登録できないとの報告もあったので女性として登録してみることに。

項目を記入して「女性登録をする」をクリックすると登録となります。
返信されたメールがこちら。

男性の場合と同じく「イツデモ☆ドコデモ」からメールの返信がきました。
女性の場合も同じように同時登録されていくようです。

無料サイトは100%悪徳サイトと考えたほうがいいと思います。
なぜなら少なからず、サイトの運営にはお金がかかります。
それをタダでするはずはありません、何かしらの見返りが無いとサイトの運営をする意味などリません!!

タダほど高いものはないというのが無料サイトの答えです。

当サイト推薦の超優良サイト

悪徳サイトに騙されない様に優良サイトを利用しましょう!!

セフレゲット

2 件のコメント

    • 望みもなにもだまされているだけですよ。

      登録してしまうと次々に有料サイトへ同時登録されるだけですから
      絶対に登録などしないようにしましょう。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    2000年初頭より出会い系を始める。 最初のころは入れ食い状態で出会い系にハマるが、悪徳出会い系に騙され200万の借金を作る。この借金を返すためにサクラバイトを始め、騙される側から騙す側へ。 借金を完済したが罪悪感から経験を活かし、2010年よりブログを立ち上げる。