楽しメール tanosimeru.com

楽しメール

楽しメール概要

サイト確認:令和3年1月18日
最終更新日:令和3年1月18日
楽しメール
■サイト名:楽しメール
■URL:http://tanosimeru.com/
■対応デバイス:PC・モバイル

料金体系

ポイント制サイト
 1pt=10円
 会員登録 無料
 プロフィールの編集 無料
 プロフィールの閲覧 無料
 文章メッセージの送信 25ポイント
 文章メッセージの閲覧 無料
 画像メッセージの送信 25ポイント
 画像メッセージの閲覧 無料

特定商取引法に関する表記

■運営会社:株式会社プロヘルス
■運営責任者:河野 嶺
■住所:大阪府大阪市中央区北久宝寺町4丁目2番地10号-502B
■TEL:050-5873-4689
■アドレス:info@tanosimeru.com
第二種電気通信事業者:記載なし
◆インターネット異性紹介事業:6200012001

株式会社プロヘルス

株式会社プロヘルス

2020年9月14日

利用規約

第6条 利用料金
3.ポイントの有効期限は、個々のポイントの購入日より180日間とし、弊社がポイントを発行した日から180日間経過した時点で当該ポイントは消滅するものとします。

第8条 退会
3.退会の申請から退会完了までの期間は、ユーザーの利用に問題が無ければ、運営側が確認次第に基本即時で退会処理されます。

楽しメールの結論

楽しメールってこんなサイト
・年齢認証が無い
・ポイントの有効期限
・第二種電気通信事業者の番号がない
 などの点から悪徳サイト決定です。

管理人のレビュー

マテリアル系列のLINEを利用した出会い系サイトになります。
相変わらず同じようなサイトを量産してますね(笑

エロサイトを覗いているとこのような広告を見つけました。

広告からもマテリアル系列のサイトであるという事は分かります。
そのまま登録を進めていくと、このサイトの場合は年齢認証がありませんでした。
同じ系列なら揃えて欲しいですね(笑

登録直後から女性のメッセージがドンドン入ってきます。

運営事務局からのメッセージで「一定期間無料で使えます」となっています。
一定期間というのがミソでいきなりポイント不足になる予感がします。

合う約束をするといきなり「ポイント不足」というパターンですね。

早速サクラ晒から。


ゆい
年上の男の人と会って遊んだり飲みに行ったりしてみたいなと思い登録しました。
引っ越してきたばかりで友達もいないので仲良くしてほしいです。
一つ聞きたいんだけど今って奥さんか彼女っているのかな?


小林千春
初めまして。少しだけお時間頂いてもいいですか?
率直な話、私の希望は男性の方と接する機会もなく寂しいのもあり、お会いしたいというのが希望です。
旦那とは離婚し今は独り身です。
この4年間セックスなども一切しておらず私も欲求不満になってしまって一人というのも我慢出来なくなったのでが事実です。


メグ
別れて彼氏なんかすぐに出来るって思っていたのに出会いも全然ないままで毎日自家発電ばっかりして性欲発散してるけどもう飽き飽きしてきた。
同じような人いないかなって思って連絡してみたんですけど…どんな目的でやってるんですか?

エロメッセージのオンパレードですね(笑
見たこともない男性にいきなりこんなメッセージを送るなんて真正のアホか、サクラしか居ませんよね?

そのエロメッセージに乗っかるようにメッセージを返してみました。

何度かやり取りをして会う約束までこぎつっけました。

女性からこの様に連絡先の交換をしておこうといという提案を受けました。
連絡先が文字化けして文字化け解除に手数料がかかるのかと思っていましたが‥‥

連絡先を入れてメッセージを送ろうとしたら「ポイント不足」ですよ(笑

このサイトでいう一定期間というのはそういう事です(爆笑

サイトに登録する前に、いろいろ検索を掛けて安全なサイトかどうか確認してから利用しましょう!!
それでも不幸にも、悪徳サイトに登録して騙された方、特に数十万~百万単位で騙された方は弁護士に相談しましょう。
返金できるかまずはコチラで確認しましょう。

当サイト推薦の超優良サイト

悪徳サイトに騙されない様に優良サイトを利用しましょう!!

楽しメール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

2000年初頭より出会い系を始める。 最初のころは入れ食い状態で出会い系にハマるが、悪徳出会い系に騙され200万の借金を作る。この借金を返すためにサクラバイトを始め、騙される側から騙す側へ。 借金を完済したが罪悪感から経験を活かし、2010年よりブログを立ち上げる。